リフトアップをケア

美容皮膚科によるエイジングケアというとやっぱり一番に思い浮かぶのがしわ、たるみではないでしょうか。特にたるみは隠すことができません。そのためエイジングケアでは、やっぱりリフトアップが代表的です。そんなリフトアップの方法には切る方法の他にも、糸などでのアップ法やヒアルロン酸治療やボトックス注射、レーザー治療があります。その中でも最近はできるだけ切らない方法を選ぶ人が多いとのこと。

ヒアルロン酸注射でたるんだ表面の影になるところをふっくらさせて、たるみを目立たなくさせる方法や、ボトックス注射で全体を引き上げることもできます。また糸によるリフトアップも人気があり、最近ではこの2つの方法を組み合わせたリフトアップも注目されているのです。やはりメスを使わないため、人に知られずに行うことや、切ることでのリスクがないことが最大の魅力です。

そしてレーザー治療は、肌細胞内を刺激することでコラーゲン生成を高めながら、10年前の顔に戻すという方法も人気があります。最近は高周波とレーザーを組み合わせた施術も人気です。レーザーの場合はシミ取り、くすみ改善などもできるので、特にエイジングケアにはよく登場する治療法の1つです。レーザーの種類によって肌の届く位置も違い、それぞれの肌層で活躍してくれます。

loading
×